団子鼻をシャープに|東洋人特有のコンプレックス

ウーマン

丸い鼻をシャープな鼻に

鏡を見る女の人

鼻の形で印象が変わる

鼻の形は人それぞれ千差万別ありますが、自分の鼻の形にコンプレックスを抱えている人も多くいます。団子鼻は日本人をはじめ東洋人に多い形で、鼻先に頂点がなく、丸くカーブすることで低くなりがちになります。更に、小鼻に対して鼻先が大きく、鼻筋が横に広がるようになるため鼻が低く見えるようになります。鼻筋がないことで顔の印象が野暮ったくなりがちになります。 団子鼻の原因として2つの要因があります。1つ目の要因は鼻先端部の軟骨の発達です。鼻先にある大鼻翼軟骨と呼ばれる、下から見たときに鼻先がM字に見える部分にある軟骨があります。この軟骨が大きく発達したことにより鼻先が尖らずカーブを描くようになります。2つ目の要因は鼻先の皮下脂肪が多い、または、皮膚が厚いことです。軟骨周辺に皮下脂肪がつくと鼻先の皮膚が持ち上がりやすくなります。また、皮が厚いと鼻の先端部が盛り上がって見えるようになります。東洋人は西洋人より鼻先の皮膚が硬く、大鼻翼軟骨がとても柔らかいため形を保てず横に広がりやすい特徴があります。団子鼻の整形をし、鼻筋を通すことで目の印象も変わります。バランスが整うようになるため、整形をした後の顔の印象が劇的に変わります。そのため、団子鼻整形はとても人気のある整形になってきています。

形を少し変えるだけ

団子鼻の整形はプロテーゼ挿入やヒアルロン酸注入、鼻先端の部分切除や鼻中隔延長等を行います。鼻団子の整形は美容外科で受けることができます。鼻筋を通してラインを整える施術の代表格はヒアルロン酸注入やプロテーゼを使用した施術になります。団子鼻は鼻筋が無いことと鼻先端の肥大、鼻両脇の広がりを解消していきます。ヒアルロン酸注入はプチ整形として人気が高く、短時間で終わることや日帰りで受けられます。鼻先端の肥大が小さい場合にはヒアルロン酸注入で改善する事もあります。プロテーゼ挿入は鼻を高くするため人工軟骨を挿入し高さを出します。また広がりがある場合には鼻先端部を糸により形を作ったり鼻内側から切開し先端部を尖らせるように整形する尖形成形術により団子鼻を尖らせる事ができます。小鼻の広がりは鼻翼切除術により小鼻周辺の余分な皮膚を切除して小さく形を整えます。その他にも先端の角度や方向の修正は鼻中隔延長術で修正していきます。鼻の形により施術は複合的に行われるため、医師の施術に関するアドバイスやヒアリング、カウンセリングをしっかり受けるようにします。切開や切除がいらない施術もあるため、自分の希望を伝えた上で納得してから施術を受けるようにするとトラブルが少なくスムーズです。